トップ

インプラントの手術の条件

インプラントと歯周病

歯周病でインプラントが治療不可

インプラントはどなたでもすぐに受けられるというわけではありません。治療不可な場合もありますが、その理由の一つが歯周病です。歯周病がひどくなってしまいますと、口内の菌の数が増えています。インプラントはこうした雑菌に弱いですので、こうした方がすぐに手術をしても、よい結果を得られないのです。また、歯槽膿漏がひどくなってしまいますと、土台を支えるための骨が溶けてなくなってしまうことがあります。そうしますとしっかりと固定できませんので、他の処置が必要となります。そこでこうした場合には、まずはお口の中の環境を整えることが必要となります。

歯周病で治療不可の場合

インプラントは、歯のない部分に埋め込むことで、自分の歯のように噛むことができます。入れ歯より自然で人気ですが、誰でも治療できるわけではありません。歯周病がひどいと治療不可になってしまいます。その理由は、インプラントは顎の骨に埋めて歯の代わりにしますが、歯周病は骨を溶かす病気でどんどん進行してしまうためです。埋め込む骨がないと、治療はできません。治療の前に、レントゲンやCTを撮影して、どの程度の骨があるかを確認する必要があります。ですから、初診でいきなり治療をするということはなく、事前の検査が大切になります。

↑PAGE TOP