トップ / インプラントの成功率と喫煙者

インプラントの成功率と喫煙者

インプラントとたばこ

喫煙者のインプラント

歯科医師によっては、喫煙者にインプラントの治療不可を出したり、治療後の数日間は禁煙させる場合があることをご存知でしょうか。煙草に含まれるニコチンによって毛細血管の収縮が起こり歯肉や骨への血流を阻害し、抵抗力を弱くします。結果、手術後の治癒が悪くなるため、喫煙をしない人に比べると、インプラントの成功率が低くなることが理由として挙げられます。そのため禁煙してからの治療、または術後の禁煙を勧める場合があります。しかし、喫煙者だからと言って必ずしも治療が成功しないとはいえないので、まずは医師と相談する必要があります。

インプラント治療不可になる場合

インプラント治療は多くの歯科で行われるようになり、興味を持っている人は多いのではないでしょうか。しかし、治療はすべての人に行えるというわけではありません。治療不可となる理由で多いものとしては喫煙者であるということです。なぜタバコを吸うとインプラント治療が出来ないのでしょうか。それはタバコを吸うと血管が収縮し血行が悪くなるからです。血行が悪くなることによってあごの骨と人工歯根との結合がうまくいかずに抜けてしまうことがあるからです。また喫煙は歯周病の原因ともなり、歯茎や骨をやせさせてしまうことになるため埋め込んだ人工歯根を維持することが難しいのです。

↑PAGE TOP