トップ / インプラントは持病がある方注意

インプラントは持病がある方注意

インプラントと持病

全身疾患はインプラント治療不可

インプラント治療を希望する際、持病がある人は注意しなくてはなりません。全身疾患がある人はインプラント治療が受けられないことがあるのです。具体的な対象疾患としては、心臓病、脳梗塞、腎臓病、糖尿病などが挙げられます。治療不可とされる理由は、病気のせいで免疫力が弱まっているため感染のリスクが高くなるからです。また、心臓病、脳梗塞、腎臓病の患者は血液を固まりにくくする抗凝固剤を服用していることが多いため、手術の際の出血が多量になってしまう危険性があります。全身疾患が軽度の場合には歯科治療ができる場合もありますので、主治医に確認を取ってから歯科に相談します。多くの科を有する総合病院での歯科治療や、内科医がいる歯科クリニックを選ぶとより安心です。

インプラント治療不可の疾患

インプラント治療不可という理由の1つに全身疾患がありますので、今何らかの病気にかかっている方は注意が必要です。糖尿病や骨粗しょう症などの病気を患っていると、傷口が治りにくいだけでなく感染症にかかる可能性もあります。さらに骨とインプラントの結合状態が良くない場合もありますので、医師に相談しなければなりません。その他に気をつける病気は、高血圧や貧血です。高血圧の場合は手術への不安や恐怖からさらに血圧が上昇する事も考えられますし、貧血の場合は傷が治りにくかったり、細菌感染のリスクが高まりますので、健康状態で不安な点がある場合は必ず医師に伝える事です。

↑PAGE TOP