トップ / インプラントの素材チタン

インプラントの素材チタン

インプラントの素材

インプラントの素材とは

インプラントは失った歯の部分に人工の歯根を埋め込んでその上に人工の歯をかぶせると言った歯の治療法です。人口の歯根などに使われる素材にはいくつかの種類がありますが、ほとんどのものにチタンが使われています。チタンは純度の高いものがインプラント治療では用いられていて、とても強度があり腐食に強く、金属アレルギーがほとんど起こらないという人体に優しい素材です。またチタンは骨との親和性が高いので骨としっかりと結合します。

インプラントでチタンを使う理由

インプラントの手術では、失われた歯の根元に、金属でつくられたネジのような部品を埋め込んで土台とします。この部品には、ほとんどの歯科医院で、チタンとよばれる種類の金属を用いています。その理由として、チタンはアレルギーを起こす心配があまりなく、生体に馴染みやすいということが挙げられます。このネジに似たチタン製の部品は、インプラント手術をした後でしばらくすると、まわりの天然の骨と癒着してしまい、もとからあった骨と同様の機能を果たします。

↑PAGE TOP