トップ / インプラント手術の前の事

インプラント手術の前の事

インプラント前は

インプラント手術前に行うことは

インプラント手術の前に行うことは、まず、埋め込む顎の骨の質や形を審査して、口の中全体や、部分的なレントゲン撮影などを行い、また周囲の歯や歯周病などのチェックを行います。次に歯茎の状態や、かみ合わせを診査して、適切なサイズや埋め込む一を検討し、歯周病や虫歯、かみ合わせなどの問題があった場合には、その治療も治療計画に含めます。高血圧や糖尿病などの持病や、常備薬の服用などの診査が必要です。インプラントの手術は血が出る処置をするので、血の固まりにくい薬を服用している場合には中止をする必要がある場合もあります。

インプラントの利点について

虫歯や歯周病等で歯が抜けてしまう人がいます。一般的な義歯治療はしっかりと義歯を固定する事が難しい為に、物が上手く噛む事が出来ません。その様なデメリットを解決する方法にインプラント治療があります。 この治療法は人工歯根を顎の骨に埋め込む事で義歯を固定します。その為、噛み合わせも自分の歯と遜色ない程に改善しますし、匂いの問題もありません。残っている歯に負担をかける事も無くなるので、自分の歯を長く保たせる事も出来るでしょう。しかし、他の義歯治療と比べるとインプラント治療の費用は高額なので注意が必要です。

↑PAGE TOP