トップ / インプラント治療の仕組み

インプラント治療の仕組み

インプラント治療

インプラントによる歯の治療とは

インプラントとは人工的に作られた歯根で、歯の根っこの部分を金属として代わりに使う治療を行います。自然的に抜けた歯の内部に存在している骨の部分に削って、人工的な歯根を埋め込む治療を施します。人工的な歯根を埋めた後に、義歯を埋めるインプラントの治療の流れになっています。抜けた歯などの特定の部分に治療を施して行く事が特徴で、治療の最中に他の正常な歯の部分を削る事がないです。あごにある部分の骨に埋め込んで、抜けないようにしっかりと治療が施されます。

インプラントに必要な期間

インプラントは初診で行っていきなり受けられるものではありません。レントゲンやCTなどで、骨の状態を確認するなどの検査が必要です。受けられる時は、手術の日程を決めてから、手術を行います。手術では顎の骨にチタン製のネジを埋め込みます。ネジが骨とつくまでに3カ月程度待つ期間がかかります。骨についたらインプラントの上に人工の歯をかぶせて、治療は終わります。平均すると初診から半年から一年ほどの期間がかかります。

↑PAGE TOP